2017年4月21日金曜日

自分のブログで投稿タイトルで検索1位にあったので考察してみる

こんばんは

はじめに


自分のブログがgoogleやYahoo!などの検索ツールでどのようにでてくるのかを調べて対策を考える為に、自分の投稿タイトルについて検索してみる事にしたところ、、、、、、、、検索1位になっている記事を発見したので、紹介ではなく、その投稿についての考察をしていきたいと思います

記事の内容
意識していた事
今になって気付いた事
SEO対策
文字数や画像の割合


内容


記事の内容的には、最初から冗談のような、掴みのトーク的なものから始まっています。(о´∀`о)oO(誰も読んでなさそうだけど

掴みのトークの中で画像を3枚も使っていました(╹◡╹)画像使ってみたかっただけだったんですけど

掴みのトークの後に、本題である
とある資産
というワードに触れつつ話を進めています。

「とある資産」が何か気になるかたは、こちらをご覧ください。

というような宣伝を入れつつ説明していくのも良さそうですね(╹◡╹)

まぁ、長々引っ張っても飽きられると思うので、預金するなら、投資をしようというもので、意思決定するにあたって、自己判断というものが大切というものです。

(о´∀`о)oO(誰の役に立っているんだろう

これが検索1位になっている記事の現状です(╹◡╹)


意識していた事

画像を何枚か使う事

ネタをちょくちょく入れてみる事

文字のサイズを変えたりする事

中央揃えにしている事

今になって気付いた事


検索1位になっていても、見られる数が少ない

検索されそうもないワードで検索1位になっている

ただのネタ詰め込んでるだけで検索1位になっている

SEO対策


ここを目的として読んでいた方は、ごめんなさい。

していた事は、何もありません。という訳にはいかないので、「      」を使ってワードを限定するということが効果あるかもしれない程度しかないです。

文字数や画像の割合


お試しで画像を最初の方から使っています。
文字数は、950字でした。

前半だけしか画像を使っていません。

本題に入ると中々使い所がないように思えます。


まとめ


検索1位になっていても、検索されないワードだと見られない。
ワードをキチンと入れると検索上位に出るのかもしれない。
見られなくても、役に立たなくても検索上位には、なれる。
でも、競争性のようなものがあり、見られる数が多いと検索順位が前後するのも事実
読まれるような記事を1000字〜2000字辺りで画像を使いつつ、文字のサイズを工夫して書くことが見やすい記事につながる




0 件のコメント:

コメントを投稿