2016年12月2日金曜日

カジノ法案についての考察

カジノ法案について書いていきます 

カジノ法案
必要性
ギャンブル依存症への対策
まとめ

それでは、カジノ法案についてから

カジノ法案

ホテルやカジノが一体となった大型施設を政府に促すもの。となっています

大型施設ということなので、必ずしも誰かの目に触れているという事では、何をやっているのか分からないカジノを隠れて開かれるよりはマシかもしれませんね。

必要性

メリット

観光地として海外からのお客が集まり観光業の新しい柱にできる

デメリット

ギャンブル依存症になってしまう人がでてくる
不透明な金額が発生しても、カジノ運営の経費が把握しきれない


ギャンブル依存症への対策について

カジノが開かれる事が決まれば、実施法案を策定し、必ず適用させる。


まとめ

分からないことだらけなのに、無理に進める法案ではないと思うが、新たな観光業や日本人がカジノで出費する海外への金額が日本に入る。
カジノの運営に関する細かい事は、決まってからでないと分からないが、今すぐどうにかなる問題でもないが、お金の流れは、気にしておくと良いかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿