2016年11月23日水曜日

息抜き投稿 モノが買われるまで

息抜き投稿という事で、なぜ物を買うのか?について書いていきます


  • モノを買う理由
  • まとめ



お金を使ってモノやサービスを購入しています。
無駄遣いや必要最低限など理由は様々ですが、要点を説明していきます。

モノを買う理由

自分が何故モノを購入するのでしょうか?

1.ないと困る

2.あると落ち着く

3.あると誇れる

4.あることを自慢する

5.自分にとってはあることが当然


これを見やすくすると、下の図で説明していきます。





5.自己実現欲求

4.自己尊重欲求

3.社会的欲求

2.安全欲求

1.生理的欲求


1.生理的欲求


のどが渇いたからお茶を飲む

2.安全欲求


おいしいお茶を入れて飲む

3.社会的欲求


友人が家に来たのでお茶を出す

4.自己尊重欲求


お茶を入れる器をこだわっている

5.自己実現欲求


その人だけの不変の物事


それでは少し見方を変えます。


モノを買う理由は欲求によるものだけでなく合理的な判断に基づいて行っていることを説明していきます。

product[プロダクト]

price[プライス]

place[プレイス]

promotion[プロモーション]


プロダクト・・・機能や見た目。

プライス・・・価格

プレイス・・・場所

プロモーション・・・どのように見えるか


ただのありきたりなカッパで説明していきます。

なぜ、カッパなのか?・・・例えにすると面白いからです。


プロダクトである、機能では、手が空いているかばんもカッパの中に入れていると濡れない。

プライスでは、日常的に使うと思って買う人は、それなりの価格の物を買います。その場しのぎのコンビニでは、それなりの値段となっています。

プレイスの場所では、急な雨で近くのコンビニに買いに行く。遊園地での濡れそうなアトラクション前など、その場にあった売り方ができます。

プロモーションでは、どうみられるかという、第三者視点からモノを見て購入するか決めているといえます。雨が降っているしカッパの帽子もかぶるから顔が見えないなど、そういう風に合理的に選択しています。


まとめ

モノを買う理由は、機能や見た目。値段。場所。どう見えるか。の4点と欲求によって成り立っています。自分がどうして物を買うのか。無駄遣いなどの新たな発見につながることもあるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿